設定メニュー

各種設定項目の変更を行います。


○設定
設定ダイアログを表示します。

項目説明
地図の操作
 マウスホイールでの拡大縮小を逆にするマウスホイールで地図を拡大または縮小できますが、その方向を設定します。チェックをオフにするとマウスホイールを上に回すと拡大、下に回すと縮小になり、チェックをオンにするとマウスホイールを上に回すと縮小、下に回すと拡大になります。
 マウスホイールの拡大で地図を移動しないチェックをオフにするとマウスホイールで地図の拡大操作を行った際にマウスカーソル位置に地図の中心を移動します。チェックをオンにするとマウスホイールで拡大操作をしても表示する地図の中心位置は変わりません。
 マウスホイールの拡大縮小を無効にするチェックをオンにするとマウスホイールを操作しても地図の拡大縮小を行ないません。
 中心に十字を表示する画面の中心に赤色の十字を表示するかを指定します。
 印刷範囲を表示する印刷範囲を示す青色の枠を表示するかを指定します。
 ファイル出力範囲を表示するファイル出力範囲を示す緑色の枠を表示するかを指定します。
クチコミTIM
 起動時にスポット情報をダウンロードするチェックをオンにするとTrekkingMapEditor起動時に「クチコミTIM 山のスポット情報」のスポット情報が更新されているかチェックして、更新されている場合は自動的にダウンロードします。
システム
 地図のメモリ保持枚数国土地理院のサーバからは分割された地図画像を取得してファイルに保存しています。画面や印刷ではそれらをつなぎ合わせています。サーバやファイルから取得した地図画像をメモリに保持しておき、再度必要になるときはメモリにある地図画像を使うようにします。ここではメモリに何枚まで地図画像を保持しておくかを指定します。大きくすると地図の表示が速くなることがありますが、その分メモリを多く消費します。
特に問題がなければ変更する必要はありません。
 地図の高速ダウンロードダウンロードした地図のハードディスクへの保存を遅延することで、地図の表示を高速化します。印刷やファイル出力での地図の作成速度も大幅に向上します。
スペシャルバージョンでのみ使用可能です。
 起動時に最新バージョンをチェックするTrekkingMapEditor起動時に最新バージョンが存在するかチェックします。
スペシャルバージョンでのみ使用可能です。

ここで設定した内容は「TrekkingMapEditor」のインストールされたフォルダに「set.txt」という名称で保存されます。

○出力設定
出力設定ダイアログを表示します。
画面出力・プリンタ出力(印刷)・ファイル出力の設定をします。

項目説明
出力設定タブダイアログ最上部に0〜9までタブを用意しています。
出力設定は最大10パターンまで登録しておくことができます。
タブにはどの出力に使われているかをアルファベットで表示しています。Fはファイル出力(File)、Pは印刷(Print)、Sは画面表示(Screen)です。
名称エディット出力設定に名前をつけます。
何を入力しても機能上の変化はありません。
縮尺エディット地図の縮小率を入力します。
実際の距離と地図上の距離の比です。
極端な数値を入力すると地図を作成できなかったり、地図の作成に多くの時間がかかる場合があります。
画面表示においてはまったく影響しません。
ファイル出力では印刷範囲をファイル出力する場合以外には影響しません。
印刷枚数エディット縦横の印刷枚数を設定します。
印刷枚数を多くすると大量のメモリを消費します。
ファイル出力では印刷範囲をファイル出力する場合以外には影響しません。
隣接重複範囲エディット複数枚に印刷する場合で、隣の用紙と接する端の部分に隣の用紙と同じ地図を印刷する場合、その重複させる範囲をミリメートル単位で指定します。
重複している分だけ全体の印刷範囲は狭くなります。
複数枚に印刷して糊やテープでつなぎあわせる場合に使います。
スケールコンボボックス地図上での距離を示す定規を出力するか、出力するとしたら四隅の内どこに出力するかを指定します。
地図の種類コンボボックス国土地理院のサーバからダウンロードする地図画像の種類を指定します。
「(新)電子国土基本図(地図情報)」または「(旧)2万5千分1地形図」を選択できます。
「(旧)2万5千分1地形図」は2011年7月末にサービスの終了が予定されていますので、それ以降は利用できない可能性があります。
この設定項目については設定ツールバーから変更することもできます。
スペシャルバージョン専用 ※スペシャルバージョンのみ使用可能
 マーカーを出力するチェックボックス印刷やファイル出力でクチコミTIM 山のスポット情報のマーカーを出力するかどうかを指定します。
配色変更
 配色変更初期化ボタン表示中の出力設定について配色変更を「TrekkingMapEditor」が保持する初期値に変更します。
地図の種類コンボボックスで選択されている地図の種類に応じた初期値が使われます。
実行すると、入力されている配色変更は上書きされて失われますのでご注意ください。
 配色変更タブ地図の配色を最大30色まで設定できます。
配色変更は画面表示には影響しません。
 配色変更名称エディット配色変更の設定に名称を設定します。
何を入力しても機能上の変化はありません。
 配色変更変更前ボタン変更前の色を指定します。
変更前の色は画面に「表示範囲小」で地図を表示して、対象の色の部分にマウスカーソルを移動すると、ステータスバー上にRGBの三原色で知ることができます。
 配色変更変更後ボタン「配色変更変更前ボタン」で指定した色をここで指定した色に変更します。
磁北線
 出力するチェックボックス磁北線を出力するかどうかを指定します。
 種類ボタン磁北線の太さと線の種類を指定します。
 色ボタン磁北線の色を指定します。
 透過率磁北線の色の透過率を指定します。
 間隔磁北線の出力間隔を指定します。
単位は「km」「m」「秒」から選択します。
通常、磁北線は傾斜していますが、間隔も傾斜した線に対してのものです。
単位の「秒」は経度の秒を元にします。地球は球であるため「秒」の具体的な距離は緯度によって変化します。
 文字サイズエディット磁気偏角を数値で左下に出力しますが、その文字サイズを指定します。
0を指定すると出力しません。
 計算方法磁北線の計算方法を指定します。
2000年と2010年の近似式、国土地理院のサーバーを使用した計算方法が指定できます。
サーバーで計算すると、より正確な地磁気値が得られます。ただし、この値は印刷とファイル出力のみで使われ、画面表示は2010年の近似式で計算します。
国土地理院のサーバーの仕様が変更された場合、サーバーによる計算ができなくなる可能性があります。
経度線
 出力するチェックボックス経度線を出力するかどうかを指定します。
 種類ボタン経度線の太さと線の種類を指定します。
 色ボタン経度線の色を指定します。
 透過率経度線の色の透過率を指定します。
 間隔経度線の出力間隔を指定します。
単位は「秒」のみです。
 文字サイズエディット経度線に付属する度分秒の値を出力しますが、その文字サイズを指定します。
0を指定すると出力しません。
 文字方向経度線に付属する度分秒の値を縦に並べるか横に並べるかを指定します。
 文字位置経度線に付属する度分秒の値の出力位置を指定します。
 目盛り線・補助線ボタン目盛り線と補助線の設定をします。※1
緯度線
 出力するチェックボックス緯度線を出力するかどうかを指定します。
 種類ボタン緯度線の太さと線の種類を指定します。
 色ボタン緯度線の色を指定します。
 透過率緯度線の色の透過率を指定します。
 間隔緯度線の出力間隔を指定します。
単位は「秒」のみです。
 文字サイズエディット緯度線に付属する度分秒の値を出力しますが、その文字サイズを指定します。
0を指定すると出力しません。
 文字方向緯度線に付属する度分秒の値を縦に並べるか横に並べるかを指定します。
 文字位置経度線に付属する度分秒の値の出力位置を指定します。
 目盛り線・補助線ボタン目盛り線と補助線の設定をします。※1
縦距離線
 出力するチェックボックス縦距離線を出力するかどうかを指定します。
距離線は地図上での距離感の目安のために使えます。
 種類ボタン縦距離線の太さと線の種類を指定します。
 色ボタン縦距離線の色を指定します。
 透過率縦距離線の色の透過率を指定します。
 間隔縦距離線の出力間隔を指定します。
単位は「km」「m」から選択します。
 文字サイズエディット縦距離線に付属する番号を出力しますが、その文字サイズを指定します。
0を指定すると出力しません。
 桁数縦距離線に付属する番号の桁数を指定します。指定した桁数にゼロ埋めします。
 文字位置縦距離線に付属する番号の出力位置を指定します。
 目盛り線・補助線ボタン目盛り線と補助線の設定をします。※1
横距離線
 出力するチェックボックス横距離線を出力するかどうかを指定します。
距離線は地図上での距離感の目安のために使えます。
 種類ボタン横距離線の太さと線の種類を指定します。
 色ボタン横距離線の色を指定します。
 透過率横距離線の色の透過率を指定します。
 間隔横距離線の出力間隔を指定します。
単位は「km」「m」から選択します。
 文字サイズエディット横距離線に付属する番号を出力しますが、その文字サイズを指定します。
0を指定すると出力しません。
 桁数横距離線に付属する番号の桁数を指定します。指定した桁数にゼロ埋めします。
 文字位置横距離線に付属する番号の出力位置を指定します。
 目盛り線・補助線ボタン目盛り線と補助線の設定をします。※1
この設定を印刷に使うボタン表示中の出力設定を印刷に使う場合にクリックします。
ダイアログ上部のタブにPを表示します。
この設定をファイル出力に使うボタン表示中の出力設定をファイル出力に使う場合にクリックします。
ダイアログ上部のタブにFを表示します。
この設定を画面表示に使うボタン表示中の出力設定を画面表示に使う場合にクリックします。
ダイアログ上部のタブにSを表示します。

ここで設定した内容は「TrekkingMapEditor」のインストールされたフォルダに「set.txt」という名称で保存されます。

磁北線の磁気偏角については「磁気偏角」を参照してください。

※1 目盛り線と補助線
経度線、緯度線、縦距離線、横距離線に対する目盛り線と補助線を描画できます。
目盛り線は経度線、緯度線、縦距離線、横距離線に直交して等間隔に並ぶ極短い線分のことで、補助線は経度線、緯度線、縦距離線、横距離線をさらに等間隔に分割する線のことです。
経度線、緯度線、縦距離線、横距離線より細かい座標を読み取るための目安として使うことができます。
目盛り線の例

補助線の例

目盛り線と補助線の設定ダイアログについては以下の通りです。

項目説明
出力するチェックボックス線を出力するかどうかを指定します。
分割数経度線、緯度線、縦距離線、横距離線の間隔を何分割した線を描画するかを指定します。
2を指定すると線と線の間に1本の線を引いて2分割し、10を指定すると線と線の間に9本の線をひいて10分割します。
長さ線の長さをピクセル単位で指定します。「full」を指定すると端から端まで切れ目のない線を描きます(補助線)。
種類ボタン線の太さと線の種類を指定します。
色ボタン線の色を指定します。
透過率線の色の透過率を指定します。
0〜4まで5つの線を指定できます。0がもっとも優先順位が高く、一番上に描画します。
経度線、緯度線、縦距離線、横距離線と重なる線は描画しません。


TrekkingMapEditor ヘルプ Ver.1.14