地図メニュー

地図を閲覧する操作や印刷範囲、ファイル出力範囲、地図管理範囲に関する機能を提供します。


○サーバから再取得
現在表示している範囲の地図を国土地理院のサーバから再取得します。
ネットワーク障害等により一部のファイルが取得できていない場合に、再取得するのに使います。
国土地理院のサーバに負荷がかかるため、多用しないようにお願いします。


○指定緯度経度に移動
緯度と経度を指定して、表示位置を変更します。


○位置の登録と移動
表示位置を登録しておくことができ、また登録されている表示位置に移動することができます。

項目説明
グループ名エディットダイアログ上部にはグループ名の入力欄があります。
登録する位置の量が多くなると一覧から目的の場所を探すのが大変になるため、グループ化して分けておくことができます。
グループを追加するにはここにグループ名を入力した後、「位置名エディット」と「緯度」「経度」を入力し、「追加/更新ボタン」をクリックします(つまり、グループ内の1つ目の位置登録と同時にグループも登録します)。
グループ削除ボタン「グループ名エディット」に表示されているグループを削除します。グループを削除するとそのグループに登録されているすべての位置も削除します。
位置リスト「グループ名エディット」に入力されているグループに登録されているすべての位置を表示します。
位置をダブルクリックするとダイアログを閉じ、その位置を表示します。
↑ボタン選択中の位置について「位置リスト」上での表示位置を一つ上に移動します。
↓ボタン選択中の位置について「位置リスト」上での表示位置を一つ下に移動します。
位置削除ボタン選択中の位置を「位置リスト」から削除します。
編集
 位置名エディット「位置リスト」から選択した位置の名称を表示します。
追加/更新する名称を入力します。
 経度「位置リスト」から選択した位置の経度を表示します。
追加/更新する経度を入力します。
「表示位置を入力」ボタンをクリックすると現在表示中の位置の経度を自動入力します。
 緯度「位置リスト」から選択した位置の緯度を表示します。
追加/更新する緯度を入力します。
「表示位置を入力」ボタンをクリックすると現在表示中の位置の緯度を自動入力します。
 表示位置を入力ボタン「経度」と「緯度」に表示中の地図の位置を入力します。
 追加/更新ボタン「グループ名エディット」に入力されているグループに対して位置名と経度緯度を追加または更新します。グループ内にすでに存在する位置名であれば更新し、存在しない場合は追加します。
保存ボタン編集したすべての情報を保存します。
選択した位置に移動ボタンダイアログを閉じ、「位置リスト」で選択されている位置を表示します。

入力した内容は「TrekkingMapEditor」のインストールされているフォルダに「poslist.csv」というファイル名で保存しています。
標準では日本百名山の一覧を入力しています。バージョンアップ時等の上書きインストール時に誤って上書きコピーすると編集した内容が失われますので、注意してください。
「poslist.csv」はCSV形式です。エディタ(Windows標準のメモ帳等)や表計算ソフトウェア等で編集することができます。

「poslist.csv」の例
日本百名山,利尻岳,141142900,45104900
日本百名山,羅臼岳,145072000,44043200
日本百名山,斜里岳,144430300,43455600
日本百名山,阿寒岳,144003100,43231100
日本百名山,大雪山,142511400,43394800
一つの行に一つの位置を記述します。
列は左からグループ名、位置名、経度、緯度となります。
経度と緯度には以下のような形式で記述できますが、保存するとすべて一番上の形式に変更します。
形式
DDDMMSSSS135010234
DDDMMSS1350102
DDD度MM分SS秒SS135度1分2秒34
135度01分02秒34
DDD度MM分SS秒135度1分2秒
135度01分02秒
DDD°MM′SS″SS
DDD゚MM'SS"SS
135°1′2″34
135°01′02″34
135゚1'2"34
135゚01'02"34
DDD°MM′SS″
DDD゚MM'SS"
135°1′2″
135°01′02″
135゚1'2"
135゚01'02"
DDD.D135.14456
135.1


○印刷範囲を中央に移動
印刷範囲を画面の中央に移動します。
印刷範囲は青色の枠であらわしています。
印刷範囲の表示/非表示は「設定」メニューの「設定」から変更できます。

○ファイル出力範囲を中央に移動
ファイル出力範囲を画面の中央に移動します。
ファイル出力範囲は緑色の枠であらわしています。
ファイル出力範囲の表示/非表示は「設定」メニューの「設定」から変更できます。

○地図管理範囲を中央に移動
地図管理範囲を画面の中央に移動します。
地図管理範囲は赤色の枠であらわしています。
地図管理範囲は地図管理モードの時のみ表示します。


○印刷履歴
過去に印刷された地図の位置へ印刷範囲の位置を移動できます。印刷位置は100件まで記録されます。

項目説明
印刷履歴リスト過去に印刷した位置の履歴を新しい方から順に表示します。100件を超える場合は古い方から削除されていきますが、維持チェックボックスをオンにしておくと削除せず残すようにします。
各項目をダブルクリックすると、その項目の位置に印刷位置と表示位置を移動します。
印刷履歴名エディット「印刷履歴リスト」から選択した項目の名称を表示します。名称を変更する場合に入力します。
名称変更ボタン「印刷履歴リスト」に選択されている項目について「印刷履歴名エディット」に入力されている名称に変更します。
印刷位置を移動ボタン「印刷履歴リスト」で選択されている項目の位置へ印刷位置を移動し、地図の表示位置も移動します。

この機能で保存するのは印刷範囲の中心位置です。
印刷範囲はプリンタの設定状態(用紙の向き、サイズ等)や、出力設定の縮尺によって変わりますので、それらの条件が以前印刷した時から違えば、実際に印刷される範囲は変わります。


○索引図大
索引図大の地図を表示します。
索引図大は青色の背景に白色の四角形と地名が書かれた地図です。
おおむね日本列島の形になっています。
地名はおおよそ20万分1地勢図単位となっているようです。

○索引図小
索引図小の地図を表示します。
索引図小は色分けされた日本地図と地名が書かれた地図です。
地名はおおよそ2万5千分1地形図を4分割した地域となっているようです。

○表示範囲大
表示範囲大の地図を表示します。
地形図です。
解像度が低いですが、広範囲を表示できます。

○表示範囲中
表示範囲中の地図を表示します。
地形図です。

○表示範囲小
表示範囲小の地図を表示します。
地形図です。
解像度が高いですが、表示範囲は狭くなります。


○拡大
表示する地図を拡大する方向へ切り替えていきます。
「索引図大→索引図小→表示範囲大→表示範囲中→表示範囲小」の順序で切り替えます。
ホイールの付いたマウスではホイールの操作でも行えます。

○縮小
表示する地図を縮小する方向へ切り替えていきます。
「表示範囲小→表示範囲中→表示範囲大→索引図小→索引図大」の順序で切り替えます。
ホイールの付いたマウスではホイールの操作でも行えます。


○表示倍率
地図の表示倍率を変更します。
単純に画面表示上での表示倍率ですので、拡大すると画像が粗くなります。
表示倍率は「索引図大」「索引図小」「表示範囲大」「表示範囲中」「表示範囲小」それぞれで保持しています。


○スポット情報
ウェブサイト「クチコミTIM 山のスポット情報」で登録されているスポット情報の表示と非表示を切り替えます。
起動時に更新データをダウンロードしていない場合には、表示する際に自動的にダウンロードすることがあります。
地図上に新しいスポット情報を追加したい場合にはサイト上で登録してください。


TrekkingMapEditor ヘルプ Ver.1.14