ファイルメニュー

主に印刷とファイル出力に関する機能を提供します。また「TrekkingMapEditor」を終了することができます。


○印刷
印刷ダイアログを表示します。

先に地図上で青色の枠の印刷範囲を指定しておいてください。
部数を指定して「OK」ボタンをクリックすると印刷イメージを作成し印刷を開始します。

印刷イメージの作成には時間がかかる場合があります。
一般的にプリンタの解像度は非常に高いので、印刷イメージの作成に大量のメモリを消費します。

「TrekkingMapEditor」は指定された縮尺で印刷するために用紙のサイズや余白の情報をプリンタから取得しています。
印刷ダイアログのプロパティをクリックして印刷時の情報を変更すると、それまでに指定されている印刷範囲との食い違いが生じることがあります。
先に「プリンタの設定」で印刷時の用紙や向きを決定しておいてから、印刷範囲を指定し、印刷を開始するようにしてください。

印刷時の条件等は「出力設定」で変更します。

地図上での印刷範囲を表す青色の枠はマウス操作では移動のみ可能で、マウスの操作でサイズを直接変更することはできません。
出力設定」で縮尺を変更したり、「プリンタの設定」を行うとそれらに合わせて適切なサイズが設定されます。

○印刷プレビュー
実際の印刷前に印刷イメージを確認します。

実行すると印刷イメージを作成し、印刷プレビュー画面を表示します。
印刷プレビュー画面からはそのまま実際の印刷をすることもできます。

印刷イメージの作成には時間がかかる場合があります。

先に「プリンタの設定」で印刷時の用紙や向きを決定しておいてから、印刷プレビューを行うようにしてください。

印刷時の条件等は「出力設定」で変更します。

○プリンタの設定
プリンタの用紙や向きを設定します。

「TrekkingMapEditor」はここで設定した情報をもとに印刷範囲を決定します。
印刷範囲を指定する前には必ずプリンタの設定を行ってください。

印刷時の条件等は「出力設定」で変更します。


○ファイル出力
地形図を画像ファイルとして出力します。

項目説明
出力範囲
 ファイル出力範囲画面で指定されているファイル出力範囲の枠で囲まれた部分の地形図を画像ファイルに出力します。
 印刷範囲画面で指定されている印刷範囲の枠で囲まれた部分の地形図を画像ファイルに出力します。
 表示範囲画面に表示されている範囲の地形図を画像ファイルに出力します。
出力ファイル
 サイズ出力する画像の縦横サイズをピクセル数で指定します。「縦横比を維持するチェックボックス」をオンにしておくと縦横比を維持するように、縦サイズを入力した場合は横サイズを、横サイズを入力した場合は縦サイズを調整します。
 縦横比を維持するチェックボックス出力画像サイズの縦横比を維持したい場合オンにしておくと、縦横サイズを入力した場合に縦横比を維持するように、縦サイズを入力した場合は横サイズを、横サイズを入力した場合は縦サイズを調整します。
 ファイル名エディット出力する画像ファイルの名称を入力します。「参照」ボタンをクリックすると「名前を付けて保存」ダイアログからファイル名を指定することができます。保存する画像の形式はここで入力したファイル名の拡張子をもとに決定します。

出力できる画像の形式はWindows bitmap(bmp)、JPEG(jpg,jpeg)、GIF(gif)、TIFF(tif)、PNG(png)です。

ファイル出力時の条件等は「出力設定」で変更します。


○情報表示
メモリやプリンタ、ディスクに関する情報を表示します。



○終了
「TrekkingMapEditor」を終了します。
ウィンドウ右上の×マークをクリックしたり、キーボードの「Alt」キーを押しながら「F4」キーを押すことでも終了できます。
終了時には出力設定の内容や描画情報、ウィンドウ表示位置等々各種情報をファイルに保存しており、次回起動時にはこれらの情報を読み込みます。

ファイルの保存に時間がかかる場合や、内部で動作するスレッドと呼ばれるサブプログラムが終了するのに時間がかかる場合には、速やかに終了しない場合があります。


TrekkingMapEditor ヘルプ Ver.1.14