とにかく使ってみる

とにかくすぐに使ってみたい方のためになるべく簡潔に地図の閲覧と印刷の方法を示します。


○プログラムの実行
エクスプローラから「TrekkingMapEditor.exe」をダブルクリックして実行してください。

○閲覧方法
プログラムを実行すると青い背景と白い枠の中に地名が書かれた画面が表示されます(そのようになっていない場合は「地図」メニューから「索引図大」を選択してください)。この索引図はマウスでドラッグするとスクロールさせることができます。
索引図大。ドラッグでスクロール。

画面の中心(赤い十字が表示されています)に見たい場所が来るよう索引図をスクロールさせ、ツールバー(上部にあるたくさんのアイコン)の中から虫眼鏡の中に「大」の字が書かれたアイコン()をクリックするとその部分を拡大して詳細な索引図を表示します。

索引図小。

この詳細な索引図でもマウスドラッグで画面中心に見たい位置を移動させて、もう一度虫眼鏡の中に「大」の字が書かれたアイコン()をクリックすると、その位置の地形図を表示します。
地形図。

同じ要領で、地形図はあと2段階拡大できます。逆に縮小するには虫眼鏡の中に「小」の字が書かれたアイコン()をクリックします。
マウスドラッグと拡大・縮小操作ですべての地形図を閲覧することができます。

○印刷方法
プリンタが接続されていて、プリンタの電源が入っていることを確認してください。

ツールバーからプリンタの上にスパナの絵が描かれたアイコン「プリンタの設定」()をクリックします。
使うプリンタや用紙のサイズ、向き等を設定してください。ここではどのような用紙で印刷するかを決定するのみで「OK」をクリックしても印刷は始まりません。
プリンタの設定。まずは印刷条件を指定しておく。

印刷したい位置の地形図を表示してツールバーから白い紙の上に赤いピンの刺さった絵のアイコン「印刷範囲を中央に移動」()をクリックします。
印刷範囲を示す青い枠が表示されます。表示されない場合は画面の外に表示されていると思われるため、スクロールするか縮小すると見えるようになるはずです。
印刷範囲は枠の部分をドラッグすると移動できますので、位置を微調節してください(枠の大きさは印刷用紙や縮尺に合わせて固定されています)。
青色の枠が印刷範囲をあらわす。枠はドラッグで移動。

印刷位置が決まったらツールバーからプリンタの絵のアイコン()をクリックして印刷を開始してください。

○より詳細な使い方
地図の閲覧の操作はマウスホイールやポップアップメニュー等でも行えます、印刷においても磁北線や配色の変更等の機能があります。
詳細な使い方は各機能の項目を参照してください。


TrekkingMapEditor ヘルプ Ver.1.14