動作環境

「TrekkingMapEditor」の動作環境についてです。


○OS
Windows XP、Windows VISTA、Windows 7で動作確認をしています。
それ以外のOSでも動作する可能性はありますが、確認は行っていません。

○CPU
一般的にCPUが高速であればより快適な環境で使用できますが、「TrekkingMapEditor」では特に画面表示や印刷といった主要機能においてCPUの処理速度が大きく影響するようです。
Pentium4の2.0GHz程度以上の性能を持つパソコンでの使用をお勧めします。

○メモリ
印刷イメージの作成や地図のキャッシュに多くのメモリを消費します。
最低でも512MB程度のメモリを搭載したパソコンでの使用をお勧めします。

○ビデオ
24ビットカラー、解像度1024×768以上の画面表示能力を持つ環境での使用をお勧めします。

○ネットワーク
インターネットに接続できる環境が必要です。
「TrekkingMapEditor」は地図画像を随時「ウォッちず」のサーバからダウンロードします。
ブロードバンド等通信速度の速い環境が必要です。
ファイアウォール等のネットワークの設定によっては正常に動作しないことがあります。

○ハードディスク
ダウンロードした地図画像はハードディスクに保存しますのでハードディスクに、ある程度の空き容量が必要です。
ダウンロードした地図画像は地図管理機能でハードディスクから削除することができます。

○プリンタ
地図を閲覧するのみであればプリンタは必要ありませんが、「TrekkingMapEditor」の中心的な目的とする印刷を行うにはプリンタが必要です。 PDFファイルに出力したものやファイル出力したものをプリンタのつながった別のパソコンで印刷する方法もありますが、品質の劣化や縮尺の狂いが生じるため、プリンタを接続したパソコンで印刷することをお勧めします。


TrekkingMapEditor ヘルプ Ver.1.14