正確な縮尺で印刷

戻る


自由な縮尺を指定

TrekkingMapEditorは「25000分の1」以外にも自由な縮尺で印刷可能です。
「50000分の1」と設定すれば広範囲な地図、「12500分の1」と設定すれば詳細が見える拡大地図を作成できます。
TrekkingMapEditorの設定画面上から「50000」や「12500」といった数値を入力すれば、最適な拡大率を自動的に計算して印刷します。



球体に合わせた計算

ご存知の通り、地球は球体です。


球体を平面に投影して表現する地形図のような地図の作成方法をメルカトル図法といいます。
球面を平面に投影していることから、緯度が高くなるに従い縦横が拡大されます。
例えば、北海道と沖縄では地図上の距離と実際の距離の比が異なります。
地図画像をそのまま印刷すると、正確な縮尺になりません。

TrekkingMapEditorは、印刷時の緯度に合わせて球体計算を行うことで、指定した縮尺に合った出力を行います。
当然、印刷範囲や緯度経度線の間隔も変わりますが、常時再計算することで適切な表示を行います。


プリンタの仕様に合わせて出力

プリンタはメーカーや機種によって使える用紙の種類や余白のサイズ、解像度が異なります。
TrekkingMapEditorは使用するプリンタの仕様に合わせて地図の拡大率を調節し、指定された縮尺で出力するように設計されています。


正確で品質の高い地図の印刷は簡単ではありませんが、TrekkingMapEditorがすべて自動的に計算して行うため、使用にあたって意識する必要すらありません。



戻る

Copyright (C) 2010-2017 Flat.